2019年の各国のGDP推移一覧。各国の見通しや推移、発表内容などをまとめ。


2019年 各国のGDP推移

2018年 見通し 1-3月 4-6月 7-9月 10-12月 2019年
日本(前期比)              
米国(年率換算)              
EU              
英国              
ロシア 2.3%            
オーストラリア              
韓国 2.7% 2.6%→2.5%          
台湾              
中国 6.6% 6%~6.5% 6.4%        
ブラジル              
トルコ 2.6%            
インド              
インドネシア 5.17%            
タイ              
マレーシア              
シンガポール 3.3%   1.3%        
フィリピン              


【韓国】
■2019年4月18日、2019年の実質成長率見通しを2.6%から2.5%に下方修正した。主力の半導体の不振が予想を超え、設備投資や輸出の見通しを低く見直した。

■2019年1月24日、2019年の実質GDP成長率見通しを2.7%から2.6%に下方修正した。GDPの4割を占める輸出にブレーキがかかる。輸出の25%を占める半導体が失速。中国の景気減速も影響する。2020年は2.6%と予測した。


【中国】
2019年4月17日、1-3月の実質GDP成長率を6.4%と発表した。中国政府が2018年秋から減税やインフラ投資、金融緩和などの景気対策を実施。足元で効果が出始めている。百貨店やスーパー、インターネット通販の売上高を合計した社会消費品小売り総額は8.3%増。自動車の販売不振から減速した。マンションや工場建設などの固定資産投資は6.3%増。不動産の開発投資が堅調。景気対策でインフラ投資も持ち直しつつある。工業生産は6.5%増。鉄鋼や化学製品の生産が好調だった。輸出は1.4%増。米中貿易摩擦で2018年10-12月の5.7%増から減少している。

2019年3月5日、中国の李克強首相は2019年の経済成長率の目標を6~6.5%とした。

米国との貿易摩擦を踏まえ、財政支出の拡大を柱とした大規模な景気対策を打ち出した。企業の税負担と社会保障料の負担を2兆元弱軽減する。増値税(付加価値税)の税率を製造業などは16%から13%に、建設業などは10%から9%に引き下げる。地方のインフラ建設も増やし、地方政府がインフラ建設に充てる債券の発行額を2018年から8000億元増やして2兆1500億元とする。


【シンガポール】
 2019年4月12日、1-3月の実質GDP成長率を1.3%と発表した。製造業が中国経済の減速でマイナスに転じた。