アイロムグループは、独自に開発したセンダイウイルスベクターを持つ。センダイウイルスベクターとは、治療用の遺伝子を特定の臓器・組織に運搬し、効果的に標的細胞内に導入する働きを持つ物質。他のベクターは細胞の核に入り込んで遺伝子を発現するのに対し、センダイウイルスベクターは細胞の核に入り込むことなく、細胞質内で遺伝子を発現。投与された患者の染色体を傷つけないという。

アイロムグループのiPS細胞関連の動きでは、研究用iPS細胞作製キットを販売。2016年11月から医療用iPS細胞作製キットの発売を開始。企業や研究機関などに対して、センダイウイルスベクターを用いたiPS細胞を作製する技術のライセンス活動を積極的に行っている。また、2016年3月には、米スタンフォード大学傘下のインキュベーションセンター「スタンフォードメディシンX」と再生医療で戦略的パートナーシップ関係を構築することで合意した。


アイロムのiPS細胞関連の動き

項目 年月
ベクター製造施設・CPCが稼働 2017年4月
米スタンフォード大学とパートナーシップを構築 2016年3月
医療用iPS細胞作製キットの販売開始 2016年11月
褐色脂肪細胞の量産技術を開発 -


【GMPベクター製造施設・CPCが稼働】
センダイウイルスベクター技術を中核としたベクター製造施設を建設。投資額は約40億円。2016年4月に着工し、2017年4月に稼働開始。資金は豪投資銀行マッコーリ・グループから調達する約50億円を充当する。

遺伝子治療・再生医療等に用いる臨床用ベクターや遺伝子治療剤・再生医療等製品を製造する。また、すでに実用化されている他の種類のベクターを製造することも予定している。iPS細胞の量産化や、目や神経など様々な細胞に分化させるのに必要な加工設備も併設。2017年3月に再生医療に用いる細胞加工物の培養・加工の許可である「特定細胞加工物製造許可」を取得した。

生産はフル稼働で約300億個まで増やせる見通し。心臓病関連の移植手術などでは年200人近い患者に供給出来るもよう。


【医療用iPS細胞作製キット】
2016年11月、臨床用iPS細胞作製キットを発売。供給にはアイロムグループの医療機関や大学などとのネットワーク、米スタンフォード大学とのパートナーシップ(スタンフォードメディシンX)、オーストラリアの臨床試験実施施設であるCNAXの持つグローバル製薬企業などとのネットワークを活用する。センダイウイルスベクター製造設備で量産化を予定。


【脂肪を燃やすヒトの「褐色脂肪細胞」の量産技術を開発】
アイロムグループと国立医療研究センター研究所は、細胞を燃やすヒトの「褐色脂肪細胞」の量産技術を開発。iPS細胞から血液細胞などを作り出すための物質を使うことで、褐色脂肪細胞の培養に成功。日米で特許が成立した。

iPS細胞などの幹細胞から遺伝子操作技術を使わず、体内の環境に近い状態で培養できるため、リスクが低く、肥満などの幅広い治療法開発や創薬につながるという。


アイロムグループの業績推移

  売上高 経常利益 純利益 純資産 総資産 自己資本比率
2017年(予) 95億円 8億円 5億円 - - -
2016年 48億円 2.7億円 2億円 44億円 85億円 50.7%
2015年 41億円 ▲8億円 ▲8.6億円 36億円 59億円 60.9%
2014年 41億円 ▲6億円 ▲6億円 46億円 68億円 73.5%
2013年 40億円 ▲3.2億円 ▲2.9億円 44億円 60億円 73.5%
アイロムグループの銘柄診断