2020年の各国のGDP推移一覧。各国の見通しや推移、発表内容などをまとめ。


2020年 各国のGDP推移

2019年 見通し 1-3月 4-6月 7-9月 10-12月 2020年
日本(前期比)   ▲3~▲5% ▲0.9%        
米国(年率換算)     ▲4.8%        
EU   1.2%→▲7.7% ▲3.8%        
英国(前期比)     ▲2%        
ロシア     1.6        
オーストラリア              
韓国   ▲0.2% 1.3%        
台湾   1.67% 1.54%        
中国 6.1%   ▲6.8%        
ブラジル              
トルコ     4.5%        
インド     3.1%        
インドネシア     2.97%        
タイ              
マレーシア              
シンガポール   ▲4%~▲7% ▲0.7%        
フィリピン              

 

【日本】
2020年4月27日、日銀は展望リポートで2020年度の実質GDP成長率を▲3%~▲5%を見込んだ。

2020年1-3月の実質GDPは前期比0.9%減、年率換算3.4%減となった。個人消費は0.7%減。外出自粛などの影響で外食や旅行、レジャー関連の消費が急減した。設備投資は0.5%減。世界経済の先行き悪化懸念から設備投資を先送りする動きが広がった。住宅投資は4.5%減。消費税率引き上げによる影響で弱い動きが続いた。公共投資は0.4%減。輸出は6%減。中国向けを中心に減少した。輸入は4.9%減。原油や天然ガス、日本人の出国が減った。


【米国】
2020年1-3月の実質GDP成長率は4.8%減となった。新型コロナウイルスで3月半ばから経済活動が制限され、大幅なマイナスになった。GDPの7割を占める個人消費は7.6%減。


【ユーロ】
1-3月は、3月から外出・渡航制限や店舗の運営規制、サプライチェーン寸断で多くの生産施設が停止した。
 

【中国】
2020年1-3月の実質GDP成長率は6.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で、1月下旬から2月に経済活動を全面的に停止した影響が出た。工業生産は8.4%減。主力の携帯電話やパソコン、自動車が減少した。社会消費小売り総額は19%減。自動車や家具、衣服などが減少した。固定資産投資は16.1%減。