2019年度の中央銀行の政策金利推移一覧。中央銀行の方針や経済成長見通し、インフレ率への対応などまとめ。


中央銀行の政策金利推移 2019年

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ECB - - -0.4 -0.4                
英国 0.75 0.75 0.75                  
トルコ                        
オーストラリア                        
韓国 1.75 1.75 - 1.75                
フィリピン - 4.75 4.75                  
インドネシア 6 6 6                  
ニュージーランド                        
マレーシア                        
インド                        
ブラジル                        
タイ                        
ロシア                        


 中央銀行別の主なポイント

【ECB】
2019年4月10日、現在の金融緩和の維持を決めた。ドラギ総裁は「マイナス金利政策の副作用軽減が必要か検討していく」とした。階層方式と呼ばれる仕組みの導入を検討。銀行が中央銀行に預ける資金全体にマイナス金利をかけるのではなく、一部だけにかけるというもの。市場金利全体の押し下げという金融緩和効果を保ちながら、銀行の負担を最小限に抑える。

ECBは量的緩和政策を2018年12月末に終了。政策金利は2019年夏までは現行水準に据え置く。また、2019年3月には2019年内の利上げ断念を決めた。
 

【英国】
2019年3月21日、政策金利を0.75%に据え置いた。国債買い入れ枠も4350億ポンドに据え置いた。「緩やかかつ限定的な金融引き締めを続けることが適当」との方針を維持した。

英中銀は「英経済成長は2018年終盤に減速し、2019年に入ってからさらに減速したとみられる。」「この減速は、国外の経済活動の鈍化やブレグジットを巡る不確実性の影響拡大を主に反映している」とした。


【韓国】
2019年4月18日、政策金利を1.75%に据え置いた。輸出や設備投資が減少し、景気が減速。現行の金利水準の維持が必要と判断した。


【フィリピン】
2019年3月21日政策金利を4.75%に据え置いた。「インフレ見通しは目標の範囲に収まっており、国内経済も堅調だ」とした。


【インドネシア】
2019年3月21日、政策金利を6%に据え置いた。2018年は6回の利上げでルピアの下落を防ぐ姿勢を鮮明にしたが、米国の利上げペースが緩やかになったことで、ルピア相場は安定している。