シェールガスとは、頁岩(けつがん)と呼ばれる固い岩盤のごく小さな隙間に閉じ込められている天然ガスや石油のこと。米国では地下2000~3000メートルの部分から採掘される。ここから長い年月をかけて漏れたガスや石油がもっと浅いところにたまって出来たものが従来のガス田や油田で、シェールはその源になるもの。シェール層の開発によって、地中から取り出せるガスや石油の量が格段に増え、将来のエネルギー不足の懸念が急速に後退している。


米国

 シェールガスの開発によって米国は近くガスの国内自給を達成する見通し。2017年には世界最大の産油国とされている。このことより、中東などからガスや石油を輸入する必要が減ると見込まれる。 北米におけるシュールガスの生産コストは2010年代末までに100万BTUあたり5~7ドルになると予想されている。天然ガスの国際価格については輸送コストや他の要素による違いが存在するが、2020年頃まで6~13ドル(100万BTU単位)のレンジに収れんする見通し。 アメリカのシェールガス生産量は増加しているが、現在は主に国内で使われている。本格的な輸出は2015年以降になる。アメリカ以外にもシェールガスが存在する地域は多いものの、本格的な生産は2020年以降になる見込み。2007年には石炭が米国の発電用燃料の半分を占めていたが、その比率は37%まで落ち込んでいる。一方で、天然ガスは2012年には30%まで比率を伸ばしている。

2020年頃まで 供給
シェールガス生産コスト 天然ガス国際価格 米産輸出 米国以外の生産
5~7ドル 6ドル~13ドル 2015年以降 2020年以降

【ドル高要因】
シェールガス開発は潜在的なドル売り要因となっている原油貿易の赤字縮小が見込まれることから、ドルが長期的な上昇トレンドに入るとの見方がある。米国の経常収支は2011年度4659億ドルの赤字で、そのうち貿易収支のガス・原油の赤字額は2279億ドルと大きな割合を占めている。シェールガスの開発で2020年の経常赤字が2012年水準に対し、約60%減るとの試算がある。また、国際エネルギー機関(IEA)は、北米は2030年に石油の純輸出国に転じると予測しており、石油取引の赤字が減少していくことが見込まれる。

 

この記事の続きは有料です。

ログインすると記事をご覧いただけます。