中国の全国人民代表大会は、2013年12月28日、「一人っ子政策」の緩和を決めた。1971年に一人っ子政策を導入し、2011年までに夫婦双方が一人っ子なら第2子を認めるまで緩和。今回は夫婦のどちらか一方が一人っ子の場合に第2子出産を認める。 北京市は早ければ2014年3月1日から新制度を適用。上海市なども2014年中に緩和する見通し。中国の出生数は年間約1600万人で、今後は約200万人上積みされる可能性があるという。 中国政府は総人口を現在の約13億5000万人から、2033年頃のピーク時でも15億人程度に抑える方針。 {中国の人口政策}
中国政府の人口政策
2013年 13億5000万人
2033年 15億人
出生数
2013年 1600万人
2014年~ 1800万人
一人っ子政策 第2子許可条件
~2013年 夫婦双方が一人っ子
2014年~ 夫婦どちらかが一人っ子