文部科学省は、量子コンピューターの実用化に向け、10年間で約300億円を投資。2027年頃の実用化を目指す。実用時期を見据えたロードマップを作成。2027年頃までには、スーパーコンピューターでも困難な計算が可能になり始め、量子コンピューターが既存のコンピューターよりも優位になる。2037年頃までには様々な問題を解けるようになり、汎用性を持つ現在のコンピューターのようになるとした。

量子コンピューターは、作動原理が現在のコンピューターとは全く異なり、電子などの極微の世界で起こる物理現象を利用して性能を飛躍的に向上する。スーパーコンピューターを使っても計算に数千年かかるような問題を数分で解いたり、消費電力を大幅に減らしたりすることが期待されている。次世代レーザー加工やセンサー技術などへの応用も想定されているという。

米国は国家安全保障や経済的競争性を構成する重要な技術と位置付け、年200億円を投資。英国も5年で約500億円を投資。欧州連合(EU)も2019年から10年で約1250億円の大型プロジェクトを立ち上げる。


量子コンピューター関連企業の動き

企業 動き
デンソー 渋滞解消に向けた実証実験 2020年代前半に実用化
JSR 新素材の開発スピード向上 2025年に本格運用
リクルートHD 広告配信を最適化
富士通 新しい計算手法を従来のコンピューター上で利用する方式
IBM 数年内に50量子ビットの商用量子コンピューターを開発
グーグル 5年以内に商用利用開始


【デンソー】
 世界的な都市問題となっている渋滞解消に向けた実証実験でカナダのDWSの量子コンピューターを使用。渋滞が頻発する特定地域を走行する自動車のGPSデータを収集。量子コンピューターが走行している数百台の車に目的地までの最適ルートを瞬時に探し出す。量子コンピューターで蓄積したノウハウを次世代カーナビゲーションシステムに搭載することで渋滞を避けられるほか、自動運転などにも応用。2018年にも実験を開始し、2020年代前半の実用化を目指す。


【JSR】
新素材の開発に米IBMの量子コンピューターを試験導入する。化学品は膨大な分子データから有望な化合物を設計して新素材を開発。従来の数千倍という演算速度を生かし、新素材の開発スピード向上につなげる。2025年をめどに研究開発での本格運用を目指す。


【リクルートHD】
旅行サイトなどを利用するユーザーごとにその広告配信を最適化。


【富士通】
新しい計算手法を従来のコンピューター上で利用する方式に挑戦する。特定の問題に対しては従来型と比較した1万倍の高速演算を確認した。


【IBM】

2017年5月に量子コンピューター「IBMQ」のプロトタイプを公開。量子ビットは最大で17個だが、数年以内に50量子ビットの商用量子コンピューターを開発し、インターネット経由で提供するとしている。

量子ビットの数は、同時に計算できる組み合わせの数を意味する。17個なら2の17乗通り、50個なら2の50乗通りへと増える。


【グーグル】
5年以内に商用利用開始を目指す。2017年中に49量子ビットのチップを実際に製造して性能実証試験を開始する見込み。