日本アクアの経営計画

日本アクア(1429)は、断熱材(建築物断熱用吹き付け硬質ウレタンフォーム)の施工販売を行っている。硬質ウレタンフォームとは、泡化反応と樹脂反応を行わせて得られる均一のプラスチック発泡体。小さな泡の集合体で、この中に熱を伝えにくい空気やガスが封じ込まれており、長期にわたって断熱性能を維持できる。

日本アクアの主力商品「アクアフォーム」は硬質ウレタンフォームの特性を活かし、水を使って発泡させることから、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない。また、繊維系断熱材より約1.5倍断熱性が高く、構造材との自己接着力により建物の強度を向上させる特徴を持つ。

日本国内全域で受注を可能とする営業所を持ち、原材料の調達・販売、断熱設計、遮熱材など関連資材の販売や現場施工までのサービスを一貫して提供できる体制を敷いている。

主要業績指数推移

売上高経常利益純利益純資産総資産自己資本比率
2014年(予)130億円13億円8.1億円---
2013年98億円9.2億円5.1億円51億円79億円63.9%
2012年64億円6億円3億円10億円27億円38.8%
2011年54億円8億円4億円7億円19億円35.9%
2010年30億円3億円2億円2億円14億円18%
2009年14億円0.5億円0.4億円0.3億円5億円7.1%

【主な販売先】

2011年2012年2013年
売上高割合売上高割合売上高割合
 丸紅建材12億円22.2%13億円21%17億円17.6%
 伊藤忠建材12億円23.4%9億円14.4%12億円13.2%

経営戦略

収益性では常に経常利益率10%以上を維持することを目指す。アクアフォームの採用棟数を拡大させるため、営業所の開設、施工能力の拡充、価格競争力の強化を進める。また、木造戸住宅以外向けの断熱施行を強化。自社施行中心で対応する方針で、元請けゼネコンなどが要求する品質、工期を遵守できる工務人員の拡充に努める。

関連記事: 日本アクア